Orion's Rice Blog

http://orionsrice.hateblo.jp/about

日本語版のサンフランシスコ講和条約の条文は正文ではなく、あくまでも公文 etc...

 「正文に準ずる扱い」であったとしても、あくまでも正文にならって、日本語版のものをなぞらえただけであって、やはり正文ではなく公文でしかないようです。

 

“日本文というものは條約上の正文ではない”etc... 委員会議事録より

 

○曾祢益君 次に(b)項について伺いたいのでありまするが、その前に、この我々の手許にありまする日本文というものは條約上の正文ではないと思いまするが、これは訳文ではなくて、日本文というものが一つの、條約の何といいまするか、テキストになつているかどうか、この点を先ず伺いたいと思います。

○政府委員(西村熊雄君) 第二十七條に規定してあります通りに條約の正文の一つでございます。いや、正文ではございません。日本語によつて作成したとありますから、何と申しましようか、正文というのは当りませんが、公文とでも申しましようか、公文であつて、訳文ではございません。

⇒ 参議院平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 昭和26年11月5日

 

# サンフランシスコ講和条約の日本文は、正文ではなく公文 公文で条約を正式に、まさかのエア批准?!

⇒ 講和条約のうそ

⇒ 日本はアメリカの属国である



 至る所で対立軸を煽って、奴隷同士で互いに争わせるように仕向ける事などを分断統治工作と呼ぶようです。

 

⇒ 奴隷が奴隷を監視!<分断統治国家>日本の悲劇

⇒ 分断統治とは



 欧米軍(国連軍=米軍、NATOEU軍)の領土・植民地・影響下にあった地域図 現在の日本も当時の他の国々のように、欧米軍の影響下や実質的には植民地状態にあるとしても何も不思議ではないと思います。

⇒ 1904〜1905年09-0.jpg

#植民地(属国)である方がむしろ普通 #脱洗脳












インターネットによる電子投票

 

インターネットによる電子投票にした場合、選挙に関わる労働時間や人件費、諸費用などに掛かる税金の削減などに繋がったようです。

⇒ 電子国家エストニア

⇒ エストニアの電子投票

 

#エストニア #インターネット電子投票 #ペーパーレス化













モンサント 統合後の新会社の社名はバイエル etc...

⇒ モンサントブランドのイメージから脱却 100年以上続いたモンサントの名を消すバイエルの思惑

⇒ 最悪の組み合わせ バイエル モンサント提携は人類終焉の兆し

⇒ バイエルのモンサント買収で化学・農業独占企業が誕生

⇒ モンサント バイエル グリホサート ラウンドアップ etc...

⇒ モンサントと親会社バイエル、知っておくべき5つの事柄

⇒ グラウンドキーパー 除草剤で末期がんに モンサントの製品で癌を発症したと提訴し、公判にまでこぎ着けた最初のケースだった 

⇒ インド最高裁はモンサントの訴えを退けて、種子への特許を認めない判決を下した。

 

#モンサント #バイエル #グリホサート #ラウンドアップ #除草剤 #ニュース













不正操作選挙に関するあれこれとその他諸々

都議選の投票用紙などには、折り目のないものや類似筆跡のもの、おかしな字体のもの等が山のようにあったとの事です。

⇒ 不正選挙の証拠

⇒ 選挙の開票

⇒ 開票状況

⇒ 類似筆跡など

⇒ 衆議院選挙は操作されていた!

⇒ 「ムサシ」を排除せよ!

⇒ <怪しい選挙屋「ムサシ」の開票作業>

⇒ 米大統領選の不正選挙プログラムを作ったプログラマーの証言

⇒ 原告に発言の機会を与えない”不正選挙”の不当裁判

⇒ 不正選挙裁判 20180205

⇒ 選挙立会人が、選挙管理委員に行動を「監視される側」になるという本末転倒した不正で異常な開票が行われている

⇒ 自書式投票用紙読取分類機「テラックCRS-VA」に関するメモ

⇒ 不正選挙のしくみ考察 不正選挙の黒幕がわかった!

⇒ 不正選挙総論

⇒ 「ムサシ」は100%外国資本

#ニュース #脱茶番劇 #脱洗脳 #脱分断統治 #不当裁判 #世論操作 #情報統制 #言論封殺 etc...




※人を思想や信条、主義などの分類ごとに区分けしてレッテルを貼りグループ化し、各項目名や概念区分ごとに、それぞれの識別や選別、排除などをしているような作業は、その人に対して失礼です。さらに、他者への誹謗中傷や侮蔑、揶揄、嘲笑的な表現やそれらを含むコメントなどは、一般的にSNSなどでもよく禁止されている行為です。




⇒ 〈敵〉であれば、意思をもって屠ることすら厭わないような兵士としての人間を育成しなければならない。 etc... 自衛隊が外国へ行くということ

 

⇒ 歴史的に溯ってみると、「テロ」という言葉は、フランス革命時のロベスピエールの「恐怖政治」(テロ)に由来し、本来の「テロ」とは、国家が統治手段として行使するものでもあった。 etc...  「テロ」をめぐる断章













バラトンレーザー実験などについて

巨大な湖の水面でレーザーレベルをとる事などによって、地上は球体形ではないというフラットアース説が、太陽中心説(Heliocentrism)よりも現実的で、より正しい可能性があるという証明や理解ができるようです。

⇒ Balaton Laser Experiment バラトンレーザー実験

⇒ Final results proving flat lake surface!


Balaton Laser Experiment

#ニュース #脱洗脳 #FlatEarthNews #BalatonLaser













ペットボトルのエコクーラーで室温が下がる!?

 

 窓枠に取り付けるようなペットボトルを使ったエコクーラーの場合、平面的な板や窓ガラス、網戸などよりも、空気中の水分や風、熱などが冷媒に接触する表面積が増加するので、気化熱の作用を利用しやすくなるため、室内の気温が下がるといえます。

 

 息を「はぁ~」と吹いた時と「ふぅー」と吹いた時との温度差は、“断熱膨張と断熱圧縮の違い”と関係があるという説や、“温度を感じる皮膚の面積の違い”によって、実際には同じ温度でも体感温度が異なるという説などもあるようです。

⇒ ハーは暖かくフーは冷たいのはなぜ













右翼も左翼も同じ穴の狢 TWO WINGS SAME BIRD

⇒ 右翼も左翼も同じ穴の狢 正体は「アメリカ傘下の朝鮮勢力」

 

⇒ 右翼・左翼という枠組み 政治的策略とは

⇒ Why Voting Doesn’t Change Anything
TWO WINGS SAME BIRD













石油の代替など様々な用途に使える大麻がカナダで解禁

薬や食品、繊維や石油の代替品、産業資源としてなど、様々な用途に使える大麻が世界で解禁されつつあります。

 

⇒ 世界で二番目の大麻合法化国となるカナダ

⇒ 大麻解禁のカナダ

⇒ 大麻メーカーが株式公開

⇒ 10月から「大麻解禁」へ


#葉っぱ #合法化 #脱洗脳











日本の支配構造と私権原理、諜報機関やメディア戦略などについて

 満州朝鮮人帝国主義とその傀儡(かいらい)の支配下にある日本において、何時再び人々は戦火の下での生活のような状況に陥ったとしても、何も不思議な事などありません。

⇒ 日本の支配構造と私権原理 諜報活動やメディア戦略を発達させた毛利一族や長州藩勢力などについて るいネット

⇒ 在日支配システムの一例 etc...

⇒ 大日本帝国ではなく、大満州系朝鮮人帝国













夫のピエール・キュリー博士も凄かった!

 ピエール・キュリー博士は、ラジウム温泉ラドン浴のような放射線療法の発見などで、ノーベル賞を有名なキュリー夫人と夫婦で二度受賞している。

⇒【天然と人工】放射線が生体に与える影響

⇒ もう一組のキュリー夫妻(フレデリックとイレーヌ)もノーベル化学賞を受賞













水道事業の民営化法案 賛成多数で可決

⇒ 水道事業の民営化法案など 賛成多数で衆院委可決 


#水道事業民営化











⇒ 水道事業の民営化法案など 賛成多数で衆院委可決 


#水道事業民営化











不正選挙とは一票の格差どころではない

 

いわゆる“不正選挙”に関する事柄などついては、真実が世の中に広まると社会の根幹が揺らぐほどの問題になってしまうので、自己保身や言論封殺、思想統制などのために、議会・行政・司法・メディアなどにおいて、官僚や裁判官,公務員、国会議員などが組織ぐるみで一致団結して協力し合って、世論操作や情報工作、資料やデータ、文書の改ざんなどをしているともいえるようです。

 

⇒原告に発言の機会を与えない”不正選挙”の不当裁判

⇒不正選挙総論

 

⇒元最高裁の瀬木比呂志氏が暴露「裁判所はいまや権力の番人だ」

⇒司法のおかしさーー 裁判官が主流秩序に従属する構造 事大主義 

 

⇒戦争屋ジャパンハンドラー 東京都知事選

 

⇒官僚が書類を改竄したら、なぜ民主主義の根幹が揺らぐのか?

⇒国政だけでなく、地方議会も全部、不正選挙です!

⇒憲法違反で現不正選挙不正政権を提訴せよ

 

⇒不正選挙出来ない選挙の投票と開票方法とは

 

⇒不正選挙裁判 20180205 まるで儀式のような“不正選挙”の不当裁判

#ニュース #メモ #事大主義 #不当裁判 #不正選挙とは一票の格差どころではない











世界ゴッツとは

世界ゴッツとは、聖地ゴッツ(神聖 ベイトルモガッダス・エルサレム)解放への支持を表明する日などの意味である。

 イランと世界のパレスチナを支持する人々、世界ゴッツの日の行進の準備
http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i44986

 ヨーロッパ諸国で、世界ゴッツの日の抗議運動が継続中
http://parstoday.com/ja/news/world-i45128

 世界ゴッツの日が近づく中で
http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i44484

 世界ゴッツの日、百万人規模のイラン国民の参加
http://parstoday.com/ja/news/iran-i31858

 世界ゴッツの日、パレスチナの抵抗運動を支持する声明を発表
http://parstoday.com/ja/news/iran-i31828

 世界ゴッツの日に寄せて
http://parstoday.com/ja/radio/middle_east-i31732

 世界ゴッツの日の最終声明、パレスチナ人とベイトルモガッダスの解放を強調
http://parstoday.com/ja/news/iran-i45034

 世界ゴッツとは
http://japanese.khamenei.ir/index.php?option=com_content&task=view&id=396&Itemid=11

#世界ゴッツ