Orion's Rice Blog

http://orionsrice.hateblo.jp/about

明治維新は李家による日本乗っ取りクーデター?!

 

RAPT理論による、明治天皇すり替え説の説明動画のようです。

⇒ 明治維新は李家による日本乗っ取りクーデターだった!

 

RAPT理論は、色々な物事や現象の根源や原因が宗教によるものであるとする考え方として捉える事などができるような気がしますけれども、物事や現象の根源や原因が宗教にあるというよりも、むしろ宗教とは為政者側の手段や道具の一つに過ぎないように思います。ので、何でもかんでも宗教に結びつけようとするような印象のRAPT理論自体や日ユ同祖論などには懐疑的です。













エネルギーと質量は「等価」な「別物」 真空の宇宙と熱伝導

・光の質量は0で、エネルギー=質量であるけれども、熱エネルギーと質量(重さ)などは別物である。 e.t.c. ⇒ ◆エネルギーと質量は「等価」な「別物」 万象酔歩 ・宇宙のような真空の空間であっても熱は伝わるので、最終的に高温と低温の温度差はなくなる。 e.t.c. ⇒ 熱の移動 - 真空の宇宙空間における熱伝導率

#ちょっと気になったので調べてみた











選挙といえば不正

日本において「選挙といえば不正、不正といえば選挙」という事だけは忘れてはなりません。また、地方選挙よりも国政選挙の方が、不正選挙の可能性が高くなるようです。

⇒日本の闇 不正選挙

⇒日本の闇#2 不正選挙

⇒「不正選挙」=「間接統治」の「一形態」













アルミノケイ酸塩などについて

 謎のシリカシンターの主成分であるアルミノケイ酸塩は、食品(添加物)としては、あまり安全とはいえないとの事です。

⇒ 謎のシリカシンター追究者・アンコロイズムのHP

⇒ 謎のシリカシンター追究blog













勝てば官軍、負ければ賊軍 錦の御旗 戊辰戦争 正反真逆の入れ替わり戦  e.t.c.

 

戊辰戦争において、現在の日本の国旗と同じ日章旗を用いていた旧幕府軍が敗戦した結果、「勝てば官軍、負ければ賊軍」という諺にもあるように、日章旗は“”官軍の旗とは正反対である、反逆者の象徴としての賊軍の旗となりました。
 けれども、初めは反政府側であった新政府軍の方が、大漁旗に似た図柄の旭日旗を“錦の御旗”として掲げていたので、戊辰戦争での勝利により、賊軍から官軍となったにもかかわらず、人々に忌み嫌われたり、邪悪な印象がつきまとっているのも当然かもしれません。

日足紋について 旭日旗の由来

#勝てば官軍負ければ賊軍 #錦の御旗 #日足紋 #旭日旗 #大漁旗 #正反真逆の入れ替わり戦













心の風邪薬の副作用一覧などについて

⇒ 京アニ放火事件は、精神医療などと繋がりがあるという論

⇒ 京アニ放火事件 精神科医療 etc...

⇒ 精神病には病理学的定義がない 小倉謙氏講演

⇒ 心の風邪薬の副作用一覧













黒いものでも白という検察や警察、裁判所の闇

 三井環さんや仙波敏郎さん、原田宏二さんや大河原宗平さん、黒木昭雄さんらによる、検察や警察の裏金などの不正問題の内部告発があった結果、裁判所の判断としてはそのような問題自体がそもそも存在しなかったという判決を下しているので、三権分立の下で司法が公正な審理をしているとはいえません。

 三井環「検察の裏金」
https://youtu.be/GZ7phFq75zs

 仙波敏郎「警察の裏金問題」
https://youtu.be/lb8OAGnZ7Jo

 警察の裏金 年間400億円
https://ameblo.jp/et-eo/entry-12035993325.html

表現力の不自由展  あれは芸術とは言えない!

⇒  【表現の不自由展】 あれは芸術とは言えない!

作品のコンセプトや技術が擬似芸術レベル!?

日本人種・民族への憎悪・嫌悪を煽る表現方法のひとつなのでは!?

#炎上目的や煽り運転レベルの作品!? #メディアの陽動作戦に釣られてみた #表現力の不自由展

 戦死者の寄せ書きが書かれた旗や国旗、国の象徴である天皇の肖像を燃やすような表現などは、ヘイトであると捉えられても仕方がない行為であると思います。

⇒ 寄せ書き日の丸(日章旗)返還に込められた思いとは

#間抜けな〇〇人の墓 #etc















世界革命行動計画 民間防衛の書 作法や風習、習慣、マナー、文化の違いなどについて

 主に日本において、大多数の一般大衆などに影響力を示す事ができる政治家や芸能人、著名人などの表舞台に立つ演者(役者)ような人々の中には、韓国や朝鮮などで用いられている礼儀作法や風習、習慣やマナーなどの形式を、あえて採用している場面があるようです。

 主な例としては、挨拶や握手、水の飲み方、ボディーランゲージなどに、その特徴が現れるようです。

 韓国や朝鮮などでは自然な事であっても、日本ではあまり良くない印象を、人に与えてしまう表現であると捉えられる事もあるようなので、注意が必要なようです。

※水の飲み方に関しては、朝鮮とは関係なく、単に丁寧な飲み方や、大衆の混乱や対立、分断などを招くための紛らわしいジェスチャーのひとつに過ぎないという説などもありますので真偽不明です。

⇒ 挨拶や握手、水の飲み方、ボディーランゲージなどが朝鮮式!?

 

⇒ 芸能界や政治家や有名人に在日朝鮮人・韓国人が多い理由

⇒ 韓国人・中国人の見分け方!?

⇒ 朝鮮飲みをする者に碌な奴はいない!

 

⇒ 世界革命行動計画

⇒ 民間防衛の書



112.jpg

#韓国式 #朝鮮式 礼儀作法 #風習 #習慣 #マナー #ボディーランゲージ #在日支配説 #世界革命行動計画 #分断統治#政策 #etc











著作物とは?

“著作物とは、思想又は感情を(創作的に)表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの”であると定義されており、大きく分けると二つの要素によって構成されている必要があります。 そのため、”文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの”であったとしても、もう一方の要素である、“思想又は感情を(創作的に)表現したもの”という定義に該当する箇所が認められないような場合などにおいては、著作物としての必須の要素や要件、定義を満たしているとはいえないようです。

 

※著作物を創作しようとした場合には、まず最初にその定義を理解していなければならないはずです。

 

⇒ 著作物とは?













従軍看護婦とは

⇒ 日本赤十字社の博愛精神と血液ビジネス

⇒ ナイチンゲールの越境

⇒ 天使たちの真実~元従軍看護婦の証言 傷病兵たちへの処遇

⇒ 従軍看護婦が見た“戦場”

 

⇒ 戦地にささげた青春 元日赤従軍看護婦の証言

⇒ 日赤奈良班看護婦の手記から①

⇒ 日赤奈良班看護婦の手記から②

⇒ 日赤奈良班看護婦の手記から③

⇒ 日赤奈良班看護婦の手記から④

⇒ 従軍看護婦



#従軍看護婦 #従軍記 #ナイチンゲール #戦記 #戦争 #血液ビジネス etc...













反唯物論、反唯物史観 精神や魂、心の原動力や永続性とは etc...

 精神や魂、心の原動力のようなものなどが、たとえ目には見えなくても死後も永続的に残るともいわれているようです。

 (はるか遠い昔の祖先が何故か動物園で飼育されている事などに、何の疑問も持たないダーウィン進化論の信者や、地上が球体型で宇宙で回転していると洗脳されているような人々ほど、精神や魂、心などについては、何も考えたりしないようになっていくものなのかもしれません。)

⇒ 「非戦と平等を求めて」 ~幸徳秋水と堺利彦~

⇒ 死者たちの声~大岡昇平・レイテ戦記~

⇒ 北部ビルマ 密林に倒れた最強部隊 菊兵団

⇒ ペリリュー島 終わりなき持久戦

⇒ 戦慄の記録 インパール



#地獄の黙示録 #戦争とは #反唯物史観 #反唯物論 #メモ #映像 etc...