Orion's Rice Blog

http://orionsrice.hateblo.jp/about

表舞台の裏側では知られざる出来事が?!

1913年に連邦準備制度銀行が設立される少し前に起こった有名な大事故の表舞台の裏側では、もう一つの偶然の一致とは思えないような知られざる出来事が?!

⇒ 裏政府カバールの崩壊 パート2

#Coincidence













宇宙の始まりとエネルギー保存の法則について

 宇宙の始まりとエネルギー保存の法則について、基本的な宇宙論の考え方としましては、これは正しい説明であるように思います。 ⇒ >あるとき真空から物質が生まれる(無から有を生じる)ということがあるのでしょうか?  ビックバン理論がそういう内容ですが、宇宙が爆発から誕生したというビックバン理論は、宇宙観測の結果と矛盾を生じています。 >その場合エネルギー保存の法則は成立していますか?  ビックバン理論では、真空のゆらぎ、つまり平均するとゼロ、無とみなせるところから宇宙を構成する莫大なエネルギーができたということですから、エネルギー保存の法則は成立していません。

⇒ どうして物質が存在するのでしょう?













英国の新国王 ジョセフグレゴリーハレット

2020年3月31日に、ジョセフ・グレゴリー・ハレットが、イギリスの新国王として正式に認定され、バッキンガム宮殿の門扉の紋章なども新英国王家のものになっていたりするとの事です。

⇒ 英国の新国王 Joseph Gregory Hallett

#キング・ジョン三世 #KingJohnIII













世界救済計画などについて

⇒ 世界救済計画

⇒ 25ヵ条の世界革命行動計画とは?

⇒ 全ての日本国民へ - 本当の敵を知れ


#必ずしも国のトップが善良な人々ばかりであるとは限らないという説 etc... and more











 種子法があることで、日本の農作物は守られてきた etc...

⇒ 元農林水産大臣の山田正彦氏が語る「売り渡される食料安全保障の真実」-ザ・リアルインサイト2020年3月号-













 種子法の廃止、種苗法の改正 トリチウムの海洋放出と健康問題などについて

 コロナの問題だけでなく、種子法の廃止や種苗法の改正、トリチウムの海洋放出や健康被害の問題なども重要らしいです。

 

⇒ 種苗法改正で国家100年の計を過つ事なかれ 山田正彦氏(元農林水産大臣、弁護士)



#山田正彦 #種苗法 #種子法



 

⇒ トリチウムの健康被害について 「市民のためのがん治療の会」顧問 西尾 正道

⇒ トリチウムを含む処理水の取扱いについて

⇒ トリチウム汚染水を希釈して放出すれば人体や健康に影響がない!?



#〇〇論(者) #〇〇教信者 #トンデモ都市伝説!? etc...



⇒ ほとんどが墨塗り教科書のような黒塗りの横棒線だらけの新型コロナ、専門家会議の速記録がすごい! ⇒



⇒ 最もよく使われている現代の洗脳テク10種 ①

⇒ 最もよく現洗10種 ②













市民レポーターたちの取材などについて

⇒ 新型コロナウイルスの発生 武漢市、昨年9月に模擬演習

⇒ コロナウイルスのワクチン特許取得のビルゲイツ財団がパンデミックを想定した演習を、2019年10月18日に実施

⇒ 新型コロナウイルス感染症のための検査の行列、病院の設備や空きベッド数などについて

 

⇒ Link JP













1812年戦争 the War of 1812 e.t.c.

1812年戦争で英国が米国に勝利した結果、イギリスの植民地としての英領アメリカなど、戦勝国に領土が分配されたという説 e.t.c.

⇒ Alternate Civil War where Britain wins the War of 1812

⇒ 10分でわかる〜アメリカの歴史〜

⇒ Link JP

 

#歴史 #大英帝国 #植民地化政策













3月28日はスリーマイル島記念日

⇒ 米国北東部ペンシルベニア州の川の中州にあるスリーマイル島原子力発電所で起きた事故(1979.03.28)とは

 

⇒ スリーマイル島の原子力事故の闇とは




放射性物質を発生するというラジウム ラドンとは

⇒ ラジウム・ガールズ

⇒ 「安全だ」と告げられ、死んでいった工場労働者たち

⇒ たくさんの労働者を救った「ラジウム・ガールズ」、その忘れられた今は昔の話とは





続・「車中泊」が何故か炎上の謎

 

 商標登録とは、商品や役務に対してであって、自他識別力(差別化、ブランドイメージ化など)が要件として要求され、単に「言葉を登録するもの」という事ではないようです。
 また、書籍の題号は登録できませんが、定期刊行物の題号はできるとあります。

⇒ 商標のよくある間違い

⇒ 書籍の題号は登録できますか